頭皮にやさしいシャンプーの選び方

頭皮にやさしいシャンプーの選び方

シャンプーには髪をつるつるにするためにコーティング剤が含まれています。コーティング剤の代表はシリコン・ジメチコンなどです。シリコンなどのコーティング剤は頭皮に残るとかたまり、毛穴を詰まらせてしまいます。ドラックストアやスーパーマーケットで市販されているシャンプーにはたくさんのシリコンやコーティング剤が含まれています。頭の毛穴を詰まらせないスカルプケア用シャンプーがありますので、頭皮のトラブルがある人はきちんとノンシリコンシャンプーを選びましょう。頭皮は顔と同じ皮膚でできています。地肌にやさしい天然成分や界面活性剤を極力使っていないものを選ぶことが頭皮にやさしいシャンプーの選択なのです。

 

 

頭皮の毛穴を詰まらせないシャンプーの3か条

頭皮の毛穴を詰まらせないシャンプーのチェックポイントを知っていますか?地肌環境を整える頭皮にやさしいシャンプーのチェックポイントを3つお教えいたします。

  1. ノンシリコンタイプであること
  2. 植物性・アミノ酸系洗浄成分であること
  3. 地肌にやさしい成分・天然成分を配合していること

 

シリコンが毛穴を詰まらせる!?

 

シリコン(正確にはシリコーン)は、化学反応によって作られる人工成分です。ヘアケアに広く使われています。髪に対しての作用は、キューティクルに付着しコーティングすることです。手触りの向上、ツヤを出すなどの効果があります。安価で作れるうえにダメージヘアなども手軽に手触りを改善できる効果があります。大手メーカーのシャンプーに非常によく使われます。

 

シリコンは髪をコートするだけで、髪を補修したり、浸透して保湿するような効果はありません。髪をダメージを受けにくいように髪自体の質の向上には効果がないのです。なので、シリコンに頼ったヘアケアを続けていると、髪自体が弱くなり、「手触りはサラサラだが、髪の見た目はぱさぱさしている」という状態になります。

 

シリコンは髪の毛に「付着し易く、取れにくい」成分のため、コーティング効果が持続します。つまりシリコンが頭皮の毛穴に残ったままだと取れにくいのです。普段のシャンプーの洗い流しが不十分だと、毛穴にシリコンがどんどんたまっていき、毛穴のつまりの原因になってしまいます。

 

毛穴が詰まると、毛髪の正常な成長が妨げられ、髪の毛が細くなることもあります。頭皮の毛穴が詰まっていると、育毛剤が頭皮・毛根に浸透することを妨げてしまいます。せっかく高い育毛剤を使っていても、頭の毛穴が詰まっていると効果を発揮できないのです。

 

最近はシリコン不使用の「ノンシリコンシャンプー」が発売されています。スカルプケア(=毛穴ケア)、育毛シャンプーなどでもノンシリコンシャンプーが発売されていますので、成分表器を確認し、ノンシリコンシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

シリコンの表示名

シリコーン、シクロメチコン、ジメチコン、シリル、シリカ、シロキ、シランなど。このような名前が成分表に一部にでも入っていたらシリコン入りシャンプーです。

 

 

 

 

合成界面活性剤は地肌を荒らす!?

合成界面活性剤は洗剤用途に大量に使用されているほか、食品や化粧品の乳化剤・保湿剤としても使われています。界面活性剤は水と油を混ぜる効果があるため汚れを取る成分として幅広い化粧品やシャンプーなどに使われています。

 

しかし合成界面活性剤は下記3つの懸念点があります。
  @高い毒性
  A高い浸透性
  B高い残留性

 

■毒性
 合成界面活性剤はたんぱく質を壊します。合成界面活性剤の人体に対する影響として挙げられるのが、アトピー・手荒れ・湿疹・かぶれです。また、体内に吸収されると、合成界面活性剤は肝臓でも分解することができず肝臓の細胞を破壊するために引き起こされる肝臓障害、発ガン補助、血液成分の減少等の症状を引き起こすと言われています。

 

■浸透性
 合成界面活性剤は、皮脂膜、角質層といった皮膚のバリアゾーンを破って体内に進入してきます。血液中にしみ込んだ物質は、良し悪し関わらず体中に広がっていきます。

 

■残留性
 台所洗剤、洗濯洗剤にも使われる合成界面活性剤。残留性が非常に高く、通常のすすぎだけでは、服や食器についた合成界面活性剤は除去する事ができないのです。シャンプーでも同じように洗い残しがあると肌に残ってしまい刺激となってしまいます。

 

地肌のことを考えるのであれば少しでも低刺激なシャンプーを使用したいですよね。

 

合成界面活性剤の成分表記

酢酸PEG-6ジメチコン、酢酸グリセリル、酢酸モノステアリン酸グリセリル、ジイソステアリン酸PEG〜、ジオレイン酸PEG〜 、ジ酢酸ステアリン酸グリセリル など

 

天然成分なら地肌にやさしくてマイルド

人は自然と共存しながら生きています。しかし技術の発展・経済成長によって大量生産しやすい化学物質が開発されました。化学物質は自然界にある成分に似たような働きをするものや自然にはない働きを可能にする成分もあります。とても便利で使いやすい成分なのですが、人間に悪さをすることもあります。それが化学物質によるアレルギー。

 

年々技術革新はものすごいスピードで進んでいます。人間の進化のスピードよりも速く。そのため新しい化学物質に対しての免疫が人間に備わっていないこともあります。

 

アトピー性皮膚炎の子供が年々増えています。これは自然にはない成分に触れることで拒否反応を起こしているからです。肌荒れ、乾燥はだも増えています。うるおいがなくなり乾燥した肌はかゆくなります。かゆみを我慢できなくなりかいてしまうと肌が傷つき、よけいかゆみを悪化させてしまいます。かゆみ・肌荒れが起きた場合は使っていシャンプー、トニック、などを見直しましょう。

 

植物由来の天然成分なら、肌になじみやすく、やさしいので安心です。最近では植物由来成分を使用しているスカルプケアのシャンプーも出ています。また植物から機能的な成分だけ抽出した「M-034]などの成分もあります。成分名は見慣れない言葉ですが、植物成分を抽出し凝縮たものなので安心であり、かつ効果が高いのです。成分名だけでなく、使用している成分が何由来なのか、ということもシャンプーやスカルプエッセンス・育毛トニック選の重要なポイントです。

頭皮にやさしいシャンプーの選び方関連ページ

スカルプケアの方法
正しいスカルプケアの方法をご存知ですか?頭皮の毛穴のつまりを解消するために効果的なスカルプケアのやり方をお教えします。
頭皮の毛穴のつまりの原因@シャンプーの洗い残し
頭皮の毛穴のつまりの原因をご存知ですか?シャンプー・リンスの成分が毛穴に残っていることが多いのです。スカルプケアを効果的に行うためにも毛穴を詰まらせる要因を理解しましょう。
頭皮の毛穴のつまりの原因A頭皮のカビ
頭皮の毛穴のつまりの原因をご存知ですか?頭皮のカビ・常在菌が新陳代謝を邪魔していることも。スカルプケアを効果的に行うためにも毛穴を詰まらせる要因を理解しましょう。。
頭皮の毛穴のつまりの原因B脂性肌
頭皮の毛穴のつまりの原因をご存知ですか?脂性肌による皮脂分泌過剰。スカルプケアを効果的に行うためにも毛穴を詰まらせる要因を理解しましょう。
頭皮の毛穴の詰まりによる病気
頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まったままだと、髪の臭い、フケ・かゆみの原因になります。スカルプケアで頭皮環境を整えることが髪の成長に重要なのです。
頭皮が臭い
頭皮が臭い、頭皮が臭う・・・中年男性からだだよう独特の頭皮の臭い。あなたは知らず知らず電車や会社で女性に嫌がられているかもしれません。頭皮に詰まった油汚れが臭いの原因。スカルプケアの方法や毛穴のつまりを引き起こす原因、毛穴のつまり解消法をご紹介します。
界面活性剤は地肌に悪い?
頭皮の毛穴を詰まらせないシャンプーの選び方をお教えします。界面活性剤は肌を刺激するのでマイルドなアミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーがおすすめです。
地肌にいい洗浄成分は?
頭皮の毛穴を詰まらせないシャンプーの選び方をお教えします。界面活性剤は肌を刺激するのでマイルドなアミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーがおすすめです。
お役立ちリンク
頭皮の毛穴をすっきりさせるスカルプケアのお役立ちリンクです。スキンケア、スカルプケア、エステなどの情報はこちら

 
ノンシリコンシャンプー 頭皮に優しい 育毛剤 頭皮の毛穴すっきりブラシ スカルプケア・頭皮ケアの方法